相棒part1


11歳の頃からギターを弾いてまして、

かれこれ10年以上もギターとともに過ごしてきた人生でした。

今回は、そんな人生の相棒を紹介しようと思います。

 

記念すべき第一回はFender USAのストラトキャスターです。

紹介するために撮影したものじゃないから伝わりにくいけど、セクシーすぎる、、、。

ちゃんとした写真撮ればよかった。

 

こいつとの出会いは大学一年のときに楽器屋で一目惚れでした。

一応、買う前に試奏をさせてもらったのですが、正直弾き心地は×

でも大学生の若造はこのセクシーさにノックアウトでした、面食いですね。

こいつとはカナダに一緒に行ったりと、なかなか思い入れがあります。

向こうにいるときはバスカーライセンス(道で弾いてカネもらっていいよーってやつ)も持ってました。車の免許ないくせに。

本当はもっとギターとか音楽の話ししたいですけど、ナード全開になってしまうので

ここらへんにしときます。以上、自己満ブログでした。

 

投稿者:江藤 匠

アーカイブ

リディアミックス松下剛の人生ささえられっぱなし

クリニック専門 ホームページ作成