シュトーレンのすすめ

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスに食べるものといえばクリスマスケーキやチキンなどなど家庭それぞれですが、我が家ではクリスマスといえばシュトーレン!です。

父の友人が下関でパン屋さんをしていて、クリスマス周辺はそこのシュトーレンを食べるのが毎年の恒例行事です。

一人暮らしを始めてからもそこのシュトーレンが食べたくて、年末に実家に帰る時まで取っておいてもらっています。

 

シュトーレンは酵母の入った生地にレーズンやレモンピールなどのフルーツやナッツ、マジパンなどを練り込み焼き上げ、真白くなるまで粉砂糖をふりかけたドイツのお菓子です。

 

私が毎年食べているシュトーレンはマジパンは入っていないのですが、レーズンとオレンジピール、クルミ、洋酒に漬けたチェリーがごろごろ入っていて最高なのです。

 

本場ドイツでは、シュトーレンはクリスマス4週間前からカウントダウンをするように少しずつスライスして食べ、食べ切った頃にはクリスマス!というような楽しい風習もあるそう。

シュトーレンは最初はサクサクとした砂糖の食感と生地の味がしっかりと楽しめるのですが、日にちが経つにつれ砂糖が生地に馴染んでしっとりし、中に入ったフルーツの味や香りが生地に移り、また違った味が楽しめるのも魅力です。

 

砂糖がたっぷりかかってはいますがあまり甘過ぎず、フルーツやお酒のいい香りがする大人でも楽しめるお菓子で、ワインにもすごくよく合います。

 

今年のクリスマス、ケーキやお酒と一緒にシュトーレンも買ってみてはいかがですか。

 

そして私はこのブログを書いている時、いつもシュトーレンを買っているお店がバレンタインにココアシュトーレンを売ってるという衝撃の事実を知ってめちゃくちゃ動揺してます。笑

 

ココアシュトーレン…絶対食べる……!!!!!

 

 

 

投稿者:玉村 侑子